Q&A

空売り規制について教えてください。

空売り(信用取引における新規売建)を行う際、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令により直近公表価格に規制が設けられております。具体的には、当日基準値から10%以上株価が下落した銘柄(トリガー抵触銘柄)について直近公表価格に対し安い価格(成行を含む)で発注することを禁止しています。(価格規制)

この規制は、個人投資家が行う取引のうち売付1回あたりの数量が売買単位の50倍以下の場合は適用除外となりますが、51単位以上の注文を意図的に50単位以下の数量に分割して発注する行為については価格規制を潜脱する行為として禁じられています。

この規制により、短時間(同一時間帯)に50単位以下の注文を複数回発注し、結果として50単位を超えた場合は、一口の注文とみなされ空売り規制の対象となりますので、発注にあたっては十分ご注意ください。

当社では、注文価格を問わず50単位以下の注文中の数量が累計で51単位を超える注文を発注することができません。
また、1回あたりの注文数量が51単位以上の注文については、成行注文を規制しており、指値注文については、注文価格を問わず受注をいたしますが、取引所にて価格規制の対象となる注文は失効となります。

詳細は「不公正取引について - 4.空売り規制」をご覧ください。

不公正取引について - 4.空売り規制

関連カテゴリ

参考になりましたか?

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールによるお問い合わせはこちらから

電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-503-239(携帯・PHSからは 03-5646-7532)

受付時間:月~金 8:00~17:00(年末年始および祝日を除く)

コールセンターのご案内はこちらから

i-ask